仕事と宇宙

自分が携わっている仕事と宇宙が関係しているなどとは、多くの人は想像しないでしょう。しかし職種がこれほどまでに増え、労働者が増幅していることを考えると、働くことで宇宙にアクセスし易くなると考えるのが妥当です。

仕事はたとえ単純作業であっても、多くの体験を得ることが出来るツールです。その体験を通じて、生きる意味を見出す人は少なくありません。

彼らは気付いていないかもしれませんが、それは宇宙の法則が働いた結果なのです。仕事は辛いものです。忙しいものです。

しかし一人一人の行動のモチベーションになっていることは疑いようがありません。もし仕事に従事していなければ、わざわざ遠方の取引先に出掛けたりするでしょうか。プライベートの時間を犠牲にしてまで知識やスキルを身に付けようとするでしょうか。また見知らぬ人と無理にでもコミュニケーションを図ろうとするでしょうか。これらは全て仕事だからこそ、行っているはずです。

新しいことに挑戦する時は、かなりもモチベーションを要します。

つまり成長するためには、相応の動機で行動することが欠かせないわけですが、仕事は間違いなくその媒体として役立っているのです。

巷では仕事よりもプライベートを優先する動きを歓迎しているように思われます。間違った選択とも言えませんが、仕事を全否定してしまうのは早計です。

自由時間が増えたからといって、その時間を有意義に行使できるとは限りません。仕事中の忙しい時間に体験できていることは、それだけ幅広く、多量であるということです。もちろん人にもよるでしょうが、ほとんどの方は仕事がなければサボってしまうものです。サボっている間は、それだけ宇宙の声から離れていると考えた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です