薬の摂取方法

自分が何らかの病気で、原因を特定したいと考えているとき、スピリチュアルにおいては医師に出された処方箋を見ることでヒントが得られると考えられています。出された薬が、口から摂取するもの、もしくは直腸から吸収をするものであった場合、その病気は肉体レベルに関わっていると言われています。さらに、過去との関連も深いとされているそうです。過去の出来事に対して何かが受け入れられていない、過去に対して罪悪感がある、もしくは現在も過去を生きている状態である可能性があります。薬が皮膚を通して吸収するタイプであった場合、病気の原因は感情に関わっていることが多いと言われています。過去ではなく現在において、自分の人生に起こっていることと深く関係しているのです。何らかの出来事によって、感情を乱されていることはないでしょうか。もしくは、起きた出来事に対して、愛を持って受け止められずにいる状態なのかもしれません。出された薬が呼吸器を通して吸収するものであった場合、病気の原因は精神的なものが大きく関わっているとされています。これは未来に関する問題を抱えていると言われているそうです。例えば、未来がくること自体をひどく恐れている場合や、未来に起こる出来事に対して怯えているという可能性もあります。薬をどのように摂取するかによって、過去、現在、未来で持っている問題が見えてくることがあります。しかしこれらは、あくまでスピリチュアルにおける傾向です。本来は病気や怪我を治すために処方されたものですので、正しく扱うことが大切です。薬はあくまで、自分自身を見直すヒントです。自分がどのような問題を持っているのかを考えるときに参考にしてみることが有効でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です