口が表す傾向

口は、食べ物を摂取するために必要な器官です。スピリチュアルコーチングにおいては、欲望や食欲、失望や拒絶を象徴する場所と言われています。口には、愛情面や感情面が表れます。口の大きさによって違ったことを表しますが、これは他人と比べての大きさではなく、自分の体全体と比較してどうかという部分を確認しましょう。口の大きな人は、口の小さな人と比べてよく食べると言われています。外交的で、積極的な傾向にあるそうです。物質的な欲望や、愛情に関する欲望、性的な欲望などを満たしたいと常に考えていることが多いそうです。口の小さな人は、食べ物に対する拒絶感を持っていることがあるそうです。周囲に心を閉ざしがちな傾向があり、自分の内へとこもることも珍しくありません。小さな口は、内向性、外部からの情報への抵抗性、優柔不断さを象徴しています。口が内側に引っこんでいるという場合には、社会性の欠如や、引きこもりの傾向があると言われています。特に老人に多く見られるとされています。逆に口が外側に向いている場合は、子どもっぽさを表しているそうです。母親への依存や、環境への依存、栄養物への依存を表します。薄くて真っ直ぐな口は、活動性や決断力を象徴しているそうです。対して厚みがあってはっきりと目立つ口は、感受性が強く女性的で、人から影響を受けやすいことを表しています。口角が上っている口は、見た通りプラスの印象を与えます。楽観主義であったり、喜びや活力を持った状態です。逆に口角が下がっている場合には、苦しみや不平や不満を表しています。特に表情に関しては、自分で変えられる部分もあります。自分で悪いと思った場合には、意識をしてみても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です